仕手株が行われやすい銘柄というのは基本的に業績に問題があったりして、誰もが見向きをしないような企業が狙われやすい傾向にあります。
仕手株にはまず準備の段階として高値で売りつけるための玉集めと、集めた玉を高値で売りさばくための株価の吊り上げが必要となります。
そして、普段注目をされていない株というのは密かに買い集めやすく、また玉が集まった時に大きく買い上げれば注目を浴びやすいだけにこのような企業は仕手株として狙われやすいものとなってしまうのです。

それでは、ニッスイや福田組のような銘柄は仕手株化しないのかというと、必ずしもそのようなことはなく短期的に仕手株化するということがないわけではありません。
このような株価を大きく吊り上げるということは難しいので、事前仕込んで仕手を行うというのは仕手筋でも難しいものですが、何か大きな材料が出た時にそれに乗じて仕手化するということは珍しくありません。
材料が出た時というのは相場が大きく動きますが、その時に過熱気味に相場を操作して利鞘を取っていくということはあります。
これは仕手筋だけでなく機関投資家なども行うものであるため、材料が出て相場が大きく動いている時というのは、個人に仕手筋、機関投資家などが入り乱れて仕手状態となることがあります。
そのため、このような状態になった時というのは予想外の値動きをすることがあるので、リスクを避けたい場合には手を出さないのが賢明だといえます。
仕手株というのは上手く流れに乗ることができれば、大きな利益を手にすることができますが、個人が参戦をしても仕手筋に良いように振り回されてしまうことが多いので、あまり深入りをしないほうが良いでしょう。